見頃の「藤」



藤の名園や名刹、名木、2019年藤まつりなど、北海道・東北地方の藤の名所を一覧掲載。
撮影スポットや見頃時期、開花情報、アクセス情報などについて調べてみました。最新情報はそれぞれのサイトでご確認下さい。




北海道

前田森林公園

スポーツや芝生広場、豊かな自然が楽しめる手稲区の総合公園。
藤の見頃は5月下旬から6月上旬。大パーゴラ320mにわたり淡紫色や白色の藤が咲きます。

百合が原公園

ユリ、バラ、ライラック、ダリア等3,500種類以上の宿根草や樹木を育成、
一年を通して花や緑を楽しめます。藤の見頃は5月下旬から6月上旬
世界の百合広場の園路沿いにあるパーゴラや瀋芳園、高台の藤棚などに咲きます。

まるせっぷ藤園

昭和20年、弘政寺のご住職が譲り受けた1本の藤の木がルーツ。
現在では約200株、藤棚は隣接する平和山公園までわたり総延長1キロメートル♪
見頃は5月下旬~6月中旬ごろ、薄紫やピンクの花を咲かせます。
6月第2日曜日には「藤まつり」が開催されます。

青森県

合浦公園 (がっぽこうえん)

スポーツやレジャー、豊かな自然が楽しめる都市公園。
見頃は5月中旬から下旬ごろ。5の藤棚があります。

岩手県

藤島のフジ

根回り4m、高さ20m、樹齢は数百年以上と推測される天然の野田藤。
天正19年(1591)「九戸の乱」の攻防で藤があたかも島に見えたことから
「藤島」と呼ばれるようになったと言い伝えられています。
見頃は5月中旬~下旬ごろ。国指定天然記念物。

宮城県

金蛇水神社 九龍の藤

商売繁昌・金運円満の神様「金蛇大神」 (水速女命) を祀る神社。
鳥居をくぐると樹齢300年といわれる「九龍の藤」の大きな藤棚があります。見頃は5月中旬

瀬峰五輪堂山公園

桜の道や藤の道、水辺のこみちなどが楽しめる小高い丘の公園。
藤の見頃は5月中旬ごろ。藤まつりも開催されます。

白鳥神社 奥州の蛇藤

康平五年(1063年)「前九年の役」で、源義家の危機を二匹の大蛇となって救ったという伝説の大藤。
樹齢は800年以上。2株の老杉に巻きつき高さは約25m、大蛇伝説を彷彿させる趣です。

秋田県

千秋公園

佐竹氏久保田城跡の市民公園。四季折々の草花が楽しめます。
藤の見頃は5月下旬ごろ。胡月池、二の丸に植栽。
西側下段ロードの中間部には自生の藤が見られます。

山形県

藤島体育館の藤棚

藤島体育館の敷地に、長さ400m以上の藤棚があります。見頃は5月中旬ごろ
カピタン藤、野田藤、野田長藤、八重黒竜藤、うす紅藤、白野田藤が順次開花。
藤の花の盆栽100点以上が集まる「ふじの花まつり」も開催されます。

福島県

大善寺のフジ

大藤稲荷神社境内にあるヤマフジの巨樹。根周り2m。福島県指定天然記念物。
見頃は6月中旬、うす紫色の花を咲かせます。

霞ヶ城公園 智恵子の藤棚

るり池の下、霞ヶ池の相生滝・山田修翁像側の藤棚は、智恵子の生家の庭先にあったもの。
見頃は5月中旬ごろ

関連記事




季節の花の名所・撮影スポット


【バラ】

【花菖蒲】

【アジサイ】

【ユリ】

【ヒマワリ】

【フジ】

【ツツジ】

【カタクリ】

【チューリップ】