アジサイ








関西地方 日本全国

紫陽花の名園や名刹、2019年あじさい祭りなど、京都府のアジサイの名所を一覧掲載。
撮影スポットや見頃時期、開花情報、アクセス情報などについて調べてみました。最新情報はそれぞれのサイトでご確認下さい。




京都市

京都府立植物園

あじさい園に山アジサイやガクアジサイ、西洋アジサイなど約180種類、2,500株を植栽。
見頃は6月中旬~下旬ごろ

三千院

あじさい苑は弁財天を越えてすぐ。見頃は6月中旬から7月上旬ごろ
星あじさい(七段花)が咲き始め、山あじさい、額あじさいなど順次見頃を迎えます。




藤森神社

約1800年前に、神功皇后によって創建。菖蒲の節句発祥の神社。
今日では勝運と馬の神様として、競馬関係者、競馬ファンの参拝者でにぎわっています。
境内には紫陽花苑が二ヶ所。見頃は6月中旬から7月中旬ごろ

宇治市

三室戸寺

西国三十三所第十番の観音霊場。アジサイの名所として親しまれています。
西洋アジサイ、額あじさい、柏葉アジサイ、七段花など、50種・10,000株。
見頃は6月中旬から下旬ごろ




木津川市

岩船寺(がんせんじ)

摩崖仏や石地蔵が数多く見られる当尾(とうの)の里の古刹。
関西花の寺二十五ヵ所霊場 第15番、「関西のあじさい寺」と呼ばれ親しまれています。
見頃は6月中旬から下旬ごろ。三重塔の風景を、35品種・5000株のアジサイが彩ります。

長岡京市

楊谷寺(ようこくじ)

平安時代より眼病平癒の祈願所として知られる古刹。近年は紫陽花寺としても親しまれています。
見頃は6月中旬から下旬ごろ。境内に約5000株のアジサイが咲きます。




福知山市

丹波観音寺

関西花の寺二十五ヵ所 第一番札所、関西で最も古い紫陽花寺とされています。
6月から7月にかけて白・青・紫・ピンク、100種 10,000株のアジサイが境内を彩ります。
見頃(最盛期)は6月下旬ごろ

京丹後市

森林公園スイス村

標高683m「太鼓山(たいこやま)」山頂付近に広がる総合レクリエーション施設。
アジサイの見頃は6月下旬から7月上旬ごろ。縦貫林道から2万株のアジサイが見られます。

舞鶴市

舞鶴自然文化園

ツバキやアジサイ、紅葉など四季折々の景色が楽しめる大浦半島の公園。
アジサイの見頃は6月中旬から7月上旬ごろ、約100種10万本のアジサイが楽します。


関連記事




季節の花の名所・撮影スポット


【コスモス】

【ヒガンバナ】

【ヒマワリ】

【ユリ】